2. 各教科目の分類と関連知識

情報関連知識・技術・理論

本科目群では、計算機の動作原理から応用について理解する のに不可欠な技術や知識を基礎から講義する。この分野の技術の進展は目 を見張るものがある。それゆえ、基礎概念を十分理解することが大切であ る。1学年から3学年までは、具体的な基礎概念の教授が中心となり、4学年、 5学年においては、ソフトウェアで使用される概念の抽象的な取り扱いと具 体的なソフトウェアの応用について学ぶ。それゆえ、以下の三つの科目群 において講義が展開される。


情報処理技術基礎

本科目群では,コンピュータ技術者としての基礎知識やソフトウエアを作成・運用 するための技術を教授する。 情報処理基礎及び計算機入門ではコンピュータに係わる基礎的な知識,電子計算機 及び情報処理ではコンピュータを実現している理論・技術をソフト/ハードの両面 から教える。また、プログラミングでは、C言語およびオブジェクト指向言語 (C++)を学びながらソフトウェアを作る技術を中心に教授する。さら に、オペレーティングシステムでは、コンピュータのハードウェアとソフ トウェアを仲介し、制御管理する基本技術について教授する。本科目群は 制御情報工学演習と密接に関わっており、講義で学んだ内容を演習で実際 に作ることにより深く理解できるように組み立てられている。 本科目群を履修後には、「基本情報技術者試験」、「ソフトウェア開発技術者試験」、 「デジタル技術検定2級」、「CG検定2級」の資格取得を奨励する。

情報数学

本科目群は、計算機を使用するとき不可欠となる数学的な知 識や抽象的な思考の訓練の場を提供する。情報数理 Iでは、集合、写像な どの基本概念と確率論、情報理論を中心に講義する。情報数理 IIでは、集 合・写像の概念を抽象的にとらえ、計算機工学で使用するデータ構造を代 数的・論理的に扱う。情報数理IIIでは、抽象的な計算機を対象に計算理 論の基礎について数学的に取り扱う。工学数理では線形代数、微分方程 式などを、応用数学では微分積分学の発展としての解析学の基礎を応用 面から教授する。

知的ソフトウェアを作る技術

本科目群は,コンピュータの計算能力や表示能力を駆使して, 種々の工学的問題にコンピュータを応用するための理論や技術を身につけ る事を目的としている。数値解析では離散数値データの利用法、代数・連 立・微分方程式・行列の解法、数理計画法では種々の最適化問題の解法、 図形処理では、コンピュータに形状を表現しそれを可視化するための技術、 計算機シミュレーションでは種々の工学的な問題をコンピュータを用いて シミュレーションをする技術、データベースでは種々の分野で利用されて いるデータベースの仕組みや利用法、人工知能ではコンピュータにより人 間的な処理をするための技術や理論について教授する。