2. 各教科目の分類と関連知識

体験学習教科

実践的技術者の育成に必須な体験学習プログラムが低学年か ら多くの時間用意されており、体験学習に基づく新たな発見、モノをつく る喜び、創造力の養成などを目指している。


工学演習

プログラミング演習機↓供↓

1学年から3学年を通してコンピュータの利用方法とプログラ ミングについて教授する。1学年においては,基本的なコンピュータの操作 方法とインターネットの利用方法(ネチケット)を教授した後、C言語による プログラミングを行い、特に文法を習得させることを目的として教授する。 2学年においては、種々のデータ構造およびアルゴリズムの実現方法を、 C言語を用いてプログラミングすることによって教授する。3学年において は、C++言語を用い、オブジェクト指向プログラミングの基礎について教授 する。

メカトロニクス演習機↓供↓

ハードウェアを構築する際に必要となる基礎知識および技術の習得を目的とし、1学年から3学年を通して約3名の小グループ単位で小規模なロボットシステム:EVOROBO(EVOlutive ROBOt:進化するロボット)の設計・製作演習を行う。1学年ではON-OFF制御およびフィードバック制御のロボットを製作し、主として情報伝達における電気の役割について学習する。2学年ではシーケンス制御のロボットを設計・製作し、論理回路に関する理論と技術を学ぶ。3学年ではボード型Linuxコンピュータ+無線LANをロボットに搭載し、その制御をC言語により開発する。汎用OS、C言語によるハードウェア制御について学習する。

創造設計

1学年から3学年までの制御情報工学演習で習得したソフトウ エアとハードウエアの知識と技術を集大成し、コンピュータを応用した複 合機器システムの企画、設計、製作の創造的体験学習を行なう。無から有 を創造する一連のプロセスを、複数のメンバーからなるプロジェクト作業 で進めることにより、各過程において必要とされる基礎的知識と技術の応 用能力、企画力、創造力、問題の発見・解決能力、総合的判断力、ドキュ メント作成能力、プレゼンテーション能力および共同して作業を進める能 力などを体験を通して総合的に学習する。

工学実験

各教官が専門分野とするテーマについて小人数のグループで 実験を行ない、データの計測・解析手法ならびに報告書のまとめ方につい て体験的に教授し、第三者へ情報発信できる文章作成能力の養成をはかる

卒業研究

5年間の一貫教育を総括する教科であり、11名の教官による個 別指導のもとに技術的な問題の発見、その問題を解決するための実験・解 析方法の立案と実行、それらの結果を報告書にまとめ口頭発表により第三 者に理解させる方法を体験することを通して、創造力の啓発を育む。