National Institute of Technology (KOSEN),  Numazu College
 
  


 

 


 制御情報工学科のトピックスを紹介します。
クリックで大きな写真を見ることができます

2019.09.04(水)
 S1学生が富士通沼津工場を見学しました。


9/4の 13:30-15:50に制御情報学科1年生41名が近くにある富士通株式会社・沼津工場を見学しました。
この見学は1年生の授業「コンピュータ基礎演習」の一環として毎年6月~7月頃に実施しているもので、今年は日程の関係で9月の実施となりました。見学の目的はコンピュータの歴史や応用分野を理解し、地元IT系企業における仕事の様子などを視察することです。最初に大西工場長から富士通(株)の全体説明と沼津工場の業務内容説明を受け、富士通について学びました。その後、二班に分かれ、工場内を見学しました。今年も池田記念室をはじめ、沼津ソフトウェア開発クラウドセンター、環境試験センターなど、多くの場所を見学させていただきました(広大な敷地は緑がいっぱいで、まるで公園のようでした)。池田記念室では、授業でも勉強した池田氏が開発した日本最古のリレー式コンピュータを見学しました。ものすごい音を出しなが計算する様子は大変衝撃的で、学生達はその動きに見入っていました。沼津ソフトウェア開発クラウドセンターではサーバルームを見学し、最先端のコンピュータ技術(液浸冷却技術等)に触れることができました。環境試験センターでは、電波暗室・無響音室・振動試験室を見学し、様々な角度で製品の検査が行われていることを知りました。最後には全体での質疑応答の時間を取っていただき、大変充実した見学会となりました。富士通沼津工場の皆様、大変ありがとうございました。


 

 制御情報工学科は、コンピュータを応用した複合機器やシステムの設計、製造、運用等の分野で社会に貢献できる実践的技術者の養成を目的としています。
 カリキュラムは低学年からの情報処理技術をベースに、機械・制御及び電気・電子、情報工学の多くの関係分野を含んで体系的に編成されています。低学年から系統立てられた多くの実験・演習でこれらの技術を勉強し、情報工学を核としたT型技術者を養成しています。
 また本学科の卒業生は、情報工学はもとより機械工学や電気電子工学など幅広い分野に進学・就職しています。

 制御情報工学科で学ぶフィールドは以下の様に多岐に渡っています。
    • ● コンピュータアーキテクチャー

    • ● ソフトウェアとプログラミング

    • ● センサーとロボット制御

    • ● 機械制御系(メカトロニクス、流体力学、自動制御)

    • ● 電気電子系(電磁気学、電気電子回路)

    • ● 情報工学系(数値解析、離散数学、通信工学)

    • ● アプリケーション系(CG、人工知能、データベース)

  

 この度、学科長を仰せつかりました長縄です。これまで5年間、学科での授業・研究に加え、全学生対象のキャリア教育、就職支援、そして、地域創生を目標としたCOC+活動等を通して企業と学生との橋渡しをして参りました。このような中で、今年度から学科長を拝命し、身の引き締まる思いです。制御情報工学科では、この3月に就職15名、進学21名の卒業生を送り出すことができました。また4月には、1年生41名を迎え新年度がスタートしました。5月には元号が令和に改まり、新しい時代が始まる期待と不安が交錯する中、フレッシュな中にも伝統と実績ある制御情報工学科を代表いたしまして、尽力して参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。さて、今年度の学科体制ですが、クラス担任は、3年山崎准教授、4年長谷教授、5年藤尾教授が受け持つこととなります。1、2年につきましては、クラス担任は教養科からそれぞれ小村准教授と黒澤准教授が受け持ち、副担任として、本学科からそれぞれ大久保准教授、芹澤教授がその任に就き、バックアップを行います。また、就職担当は長縄が兼任、そして進学担当は5年担任の藤尾が担当いたします。学科教員といたしましては、今年3月に定年を迎えられた吉野教授(現、名誉教授)が退職され、1名減の10名体制となりましたが、充実した授業、学生生活を過ごして頂くべく、全員一丸となって取り組んで行く所存です。時代は、AIやIoTなどの例をひも解くまでもなく、「制御」と「情報」をキーテクノロジーとして進んでおります。その中で、制御情報工学科を選び、そこで勉学を行っている学生の「時代を読む眼」に狂いはないと思います。しかしながら、高専の5年間は、学生の勉学の妨げとなる様々な誘惑が降り注いでくるのも事実です。こうした誘惑に負けず、5年間充実した学生生活を過ごすためには、本人の自覚や教員の指導に加え保護者の皆様のお力添えが必要です。ご理解ご協力のほど、何卒宜しくお願いいたします。